ニートが毎日10分「掃除・整理整頓」をするようになった結果w

毎日10分掃除した結果 ニート・ひきこもりの話

部屋がめっちゃキレイになりましたww


ご無沙汰しております、ニートです。今回は「毎日10分だけ掃除・整理整頓するようになったらスッキリして気持ちが前向きになった」というちょっとした話です。

ここでは

  1. 掃除や整理整頓を始めたきっかけ
  2. 習慣化して2週間経った今の状況

について書いていきますね。

スポンサーリンク

掃除・整理整頓を始めたきっかけ

まず、そもそも掃除や整理整頓を始めたきっかけについてですが…一言でいうと「自室が段ボールだらけでゴチャゴチャだったから」です。どんな感じだったのかというと、実物とはちょっと違いますが雰囲気としては下の画像のような感じでした。

掃除前の部屋のイメージ

掃除前の部屋のイメージ(画像:ぱくたそ 様)

こうなってしまった原因は、私は元々面倒くさがりで掃除とか整理とかが苦手だったことにあると思います。そして会社で精神を病んでからは更にその性分に拍車がかかってしまい、実家に戻ってからも処分が面倒くさいものは全部Amaz○nの段ボールにぶち込んで終わり…というスタイル(?)でその場をしのいできたんですよ。

しかし、ふと気づいてみれば

  • 部屋中、いらない物がギッシリ詰まった段ボールだらけで閉塞感がヤバい
  • 段ボールの隙間には綿埃や髪の毛がいっぱい落ちてる
  • 机の上には必要なのかどうかも分からない書類があふれている

というような凄惨な状態になっていたので、ここでようやく「こりゃ何とかしないといかんな」と思うようになったわけです。

それで掃除や整理整頓というと面倒くさがりなタイプでも一度スイッチを入れれば一気に取り組めるんじゃないかと思いますよね。でも私の場合はあまりにも物量が多すぎたので、一気に片付けるのは無理だと判断して無理のない範囲でコツコツ続けるべきだと考えを改めました。

この作戦が功を奏して、今のところ2週間くらい毎日掃除や整理整頓を続けられています。

ニートが掃除・整理整頓を習慣化した結果

では次にニートが掃除や整理整頓を習慣化した結果どうなったのか?という部分について書きます。

とりあえず2週間続けた結果としては、あくまでもイメージですが部屋が次の画像のように驚くほどキレイになりました

掃除を習慣化した部屋のイメージ

掃除を習慣化した現在の部屋のイメージ(画像:ぱくたそ 様)

とにかくね、積んであった段ボールを減らしたら部屋が明るく・開放的になったんですよ!本当に見違えるほどスッキリしました。そしてそのおかげかどうかは分からないのですが、なんだか以前と比べて気持ちが前向きになってやる気が出てきたような気がします。

…そういえばよく母親が「部屋をキレイにしないと良い気が入ってこないよ」と言っていたんですけど、もしかしたらそれも一理あるんじゃないかなと思いましたね(※前はそんなわけねーだろと馬鹿にしていました)。

まあいずれにしても部屋も気持ちもスッキリしたのは確かですし、掃除する良い癖がついたので始めて良かったです。

おわりに

以上、ごく簡単ではありますがニートが部屋を掃除・整理整頓し始めたきっかけやその結果について書いてきました。

せっかく掃除の習慣が身に着いたので、今後は自室だけでなく実家全体もキレイにできるようにコツコツ頑張っていきたいと思います。