ニートブログ1周年。ここまでの感想

ニートブログ1周年 ブログ運営

こんにちは、ニートです。早いものでこのブログを開設してから今日(4月25日)で1年が経ちました。今回はこのブログを1年間運営した振り返りをしていきます。

スポンサーリンク

1年間のブログの統計

はじめに、ブログ開始日~現時点までの統計データを公開します。

  1. PV
  2. ユニークユーザー数
  3. 平均検索順位

PV(ページビュー)の推移

まず、ここ1年のPVの推移は下の表のとおりです。

PV(概算)
2019年4月(25日開設) 5
5月 40
6月 180
7月 210
8月 430
9月 560
10月 1300
11月 1550
12月 2000
2020年1月 2450
2月 2100
3月 3000

先月やっと3000PVに到達しました。少しずつ数値が伸びているのは嬉しいですが、この伸びはかなりスローペースなのでその点は少し悔しいですね。

ユニークユーザー数

次にユニークユーザー数ですが、このブログはまだAnalyticsなどを使っていないのでこのデータについては詳しい統計は取っていません。ただし最近は一日あたり

  • 少なくとも40人
  • 多いときで70人

くらいの方がこのブログを訪問しているようです。

平均検索順位

最後に平均検索順位ですが、執筆時点では「21位」でした。つまり検索結果の3ページ目の先頭に掲載されるイメージでしょうか。

確か最初は37位くらいだったのでジワジワと上がってはいますが、ニートブログは競合が多いので上位に食い込むのは難しいですね。まだまだ精進が足りません。

一番人気の記事

次に1年を通して一番人気の記事をご紹介すると、他の記事を引き離してぶっちぎりで人気なのが下の記事です。

「過干渉な母親&無関心な父親」のコンボで子供はニートになる
ネットでニートについて調べていると、よく「過干渉な母親と無関心な父親がそろうと子供がニートになる」という説を見かけます。これ、ネット上だとかなり有力視されている説で賛同を集めているのですが実際はどうなのでしょうか? 結論から言ってしま...

単体の通算PVは3600以上、まさに不動の人気を誇っています。どうやら他のブログでは取り上げられていない割に需要のあるテーマなのが人気の理由のようです。

…これくらい受けが良い記事をポンポン書ければ良いのですが、なかなかそうはいかないのが難しいところですね。

ニートブログを1年間運営した感想

さて、次にニートブログを1年間運営した感想ですが…一言でいうと「ニートブログを始めて良かった」というのが素直な感想です。

その理由としては次の2つが挙げられます。

  1. 憂さ晴らしになったから
  2. 文章を書くのが苦にならなくなったから

憂さ晴らしになった

まず一つ目の良かった点は、ブログの執筆がほどよい憂さ晴らしになったことです。

ニート生活というと一見ストレスとは無縁のように思われるかもしませんが、

といったことがあり、意外とストレスが溜まるんですよ。なのでブログに書きたいことを書きなぐってスッキリできるようになったのは大きいですね。

文章を書くのが苦にならなくなった

次に二つ目の良かった点は、文章を書くのが全く苦にならなくなったことです。

私は元々文章を書くのが下手で、それは今でもあまり変わっていません。しかしニートブログを始めたことで

  • とにかく「文章を書こう」という気持ちが湧いてくるようになった
  • ネタを見つけて文章を書ききることができるようになった

ので文章を書くこと自体は好きになりました。やっぱ好きな時に好きなことを書くのは楽しいですし、それを誰かに読んでもらえるのはさらに嬉しいですね。ニートの数少ない喜びです。

それにしても昔は原稿用紙2枚の作文を書くのに丸一日以上かかっていたのに、今では2000字のブログ記事を書くなんて当たり前になっているのは自分でも驚きですね。その点はだいぶ進歩したなぁと思います。

今後の目標

最後に今後の目標ですが、まずは達成目前の通算100記事をサクッと達成したいです(本当は今日までに達成したかった)。

そのあとは「クリエイティブニート」といいつつクリエイティブ関係の記事をあまり書いてこなかったので、その辺を充実させたいと思っています。

おわりに

以上、読者の皆様にはどうでもいい内容かと思いますが「ニートブログを1年間運営した振り返り」について書いてきました。

純粋に書きたいことを書いてるだけのニートのブログなのでまだまだ至らない点もあるかとは思いますが、今後もご愛顧いただければ幸いです。