ブログ50記事達成。ここまでの感想

ブログ50記事達成 ブログ運営

今年の4月にこのブログを始めて、半年かけてようやく記事数が50記事になりました。今回はここまでの実績(アクセス・PV数)と50記事書いた感想を書いていきます。

スポンサーリンク

50記事書いた時点での実績・工夫したところなど

まずは現時点までの実績や工夫した点についてです。次の項目について一つずつ書きますね。

  • PV数
  • アクセス数
  • 人気記事
  • 工夫しているところ

PV数

まずはPV(ページビュー)数についてです。Wordpressのプラグイン「Jetpack」によるとここまでの半年間の記録は次の通りです。

PV(概算)
4月(25日開設) 5
5月 40
6月 180
7月 210
8月 430
9月 560
10月 1300

6ヶ月目でようやく月1000PVを超えるという、言ってみれば「ほぼ誰もみていない」状態ですね。私は他にもいくつかブログを運用していますが、これは一番PVが多いブログの1日分くらいの数値です。

ただし今月(10月)は記事数が40を超えたこともあってか、PVが前月の倍以上になりました。一般的に記事数が増えるとその分検索からの流入が増えるので、着実に成果が出ていると言えばまあ嘘にはなりません。

UU数

次にUU(ユニークユーザー)数についてですが、こちらは今の所Analyticsなどを使っていないので詳しい数値はわかりません。ただ、今月だと少なくて15人くらい、多くて40人くらいだと思います。

人気記事

次に人気記事については、以下の2つの記事がぶっちぎりで人気です。

「過干渉な母親&無関心な父親」のコンボで子供はニートになる
ネットでニートについて調べていると、よく「過干渉な母親と無関心な父親がそろうと子供がニートになる」という説を見かけます。これ、ネット上だとかなり有力視されている説で賛同を集めているのですが実際はどうなのでしょうか? 結論から言ってしま...
ニートが応用情報技術者試験(H31春)を受けた感想
はじめまして、現在ニートのwasaと申します。ブログをご覧いただきありがとうございます。 ニート生活も3年目に突入した中、私は4月21日行われた「応用情報技術者試験」を受験しました。今回はその応用情報技術者試験について、 試...

ブログへのアクセスのほとんどが上記の記事への検索流入ですね。競合となる他のブログの記事がほとんどないのがポイントだったようです。

その他の記事はほぼ見られていない状態ですが、50記事程度でも意外と「数打ちゃ当たる」ものなんだなぁと思いました。1つか2つでも当たればまあ良い方ではないでしょうか。

ブログを書くにあたって工夫しているところ

最後に、現時点でブログを書くにあたって工夫しているところについては次の通りです。

  • 必ず自分で考えたこと・やったことを書く
  • 濃い内容になるように工夫して書く

必ず自分で考えたこと・やったことを書く

まずは当たり前ですがブログはオリジナリティが大切だと思っているので、必ず自分で考えたことや経験したことを書くようにしています。

こうすることで独自性が高くなって他のブログと差別化できますし、読者の方にも「見る価値があるコンテンツ」を提供できると思います(※いまのところはまだまだ改善の余地はありますが)。

まあ、世の中にはまとめサイトやバイラルメディア、いかがでしたかブログなどのゴミ記事が蔓延していて、私も真面目に記事を書くのがバカらしくなる時があります。しかしそういったものは遅かれ早かれ、検索エンジンに駆逐される運命だと思うので、一線を越えるようなことはしたくありません。

そもそも人の褌で相撲を取るようなゴミ共は消えて当然だと思います。なので私自身はコツコツとオリジナリティのある記事を書いていくだけです。

濃い内容になるように工夫して書く

あと、もう一つはなるべく記事の内容が濃くなるようにしていることです。いくらオリジナリティのある記事でも内容が一言二言で終わってしまうようではダメだと思うので、

  • 図や数値を使って具体的に書く
  • 例を挙げて説明する

などの工夫をしています。

なおブログのテクニックとして「2000文字書くと良い」など「とにかく文字数を書けばいい」みたいなことがよく言われますが、個人的にそれは間違っていると思います。というのは、確かに良い記事ならばそれなりの文字数になっているはずですが、文字数が多いからといって必ずしも良い記事だとは言えないからです。

良い記事になるネタなら自然とそれなりのボリュームになるはずなので、文字数を意識するのではなく、きちんとネタの選定をすべきだと私は思いますね。

ここまでの感想

50記事でも大変

さて、次にブログを50記事書いた感想ですが、一言でいうと「50記事でも大変」というのが正直なところです。

こう書くと「お前ニートなんだからそのくらい余裕だろ…」などと言われてしまいそうですが、ニートをやっているととにかくネタを探すのが大変なんですよ。なんたってニート生活は何もないのが普通ですから…。

ただ、私の場合は趣味が多いのと、考え事も割と好きな方なので「これネタにできないかな?」という”ネタの種”的なものがそこそこあるのが救いでした(結局ニートの話ばかりになってしまいましたが、まあその辺は良しとしよう…)。この調子で次は100記事を目指したいですね。

ブログを始めて良かったこと

あと、ブログを書いていて良かったと思えることがあります。それは文章力とタイピング能力の向上です。

私は元々文章を書くのが大の苦手だったので、最初は苦労しましたがブログを書いているうちにだんだん文章を書くのが楽しくなってきました。これは実りの少ないニート生活の中での一つの大きな成果だと言えます。

この「書く能力」が今後何かに生きてくればいいなぁ…。

おわりに:ブログを書くのは楽しい

以上、ブログを50記事書いた時点での実績や感想について書いてきました。

こうして振り返ってみるとブログが成長する様子を見るのは楽しいし、自分のためにもなるので暇を持て余しているニートの方にはぴったりかもしれないなと思います。よかったらぜひ皆さんもブログにチャレンジしてみてください。