Twitterをやめて良かった!コミュ障にとってSNSは時間の無駄だよな

Twitterは時間の無駄 コミュ障の話

ご無沙汰しております、コミュ障ニートです。今回はコミュ障とSNSに関する話題で、

  • 3年くらい続けていたTwitterのアカウントを削除したよ
  • その結果ストレスが減ったので、やっぱコミュ障はSNSなんかやらないほうがいいよね

という話です。

ここでは

  • なぜ私はTwitterをやめることにしたのか?
  • Twitterをやめて何が変わったのか?
  • コミュ障がSNSをやらないほうがいい理由

といったことについて私なりの意見を書いていきますね。

スポンサーリンク

私がTwitterをやめるまでの経緯

でははじめに私がTwitterをやめるまでの経緯を簡単に説明しておきます。

私は趣味で創作活動をやっている関係で3年前にTwitterを始め、最終的にはそこそこのフォロワー(=フォロー数の100倍くらい)を獲得したのですが、1か月ほど前にブチ切れてアカウントを削除することになりました。

ただブチ切れるといっても、その原因は別にクソリプを食らったとかではなく

自信満々で呟いたツイートが全然「いいね」されなかった

という呆れるような理由です。…バカみたいでしょ?

なので「え、そんなことでキレるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、当時の私はTwitter漬けになっていたことでめちゃくちゃイライラしていました。というのは

  • Twitter上で偉そうなことを言っているクズみたいな奴のほうがたくさんいいねをもらっていたり、フォロワーを増やしたりしている
  • それとは対照的に、こちらは地道に・真面目にやってるのにフォロワー数の割に良い反応をもらえない

といったSNSではありがちな悩みを抱えていたからです。そして長期間そのような状況に置かれていたので、あるとき堪忍袋の緒がブッツリと切れて「Twitterなんかやめたるわコノヤロー!!」となったというわけですね。

Twitterをやめて変わったこと

このような次第で怒りに任せてTwitterのアカウントの削除申請を行ったわけですが、当然ながら最初は後悔した…というか離脱症状がすごくて何度も削除を取り消そうと思いました(今思えば依存症に近い状態だったと思います)。

しかし何日か頑張ってこらえた結果私のニート生活に良い変化が起きるようになったので、自然と離脱症状も解消していき無事アカウントが削除されるまで自制することができたんですよ。

それでその良い変化というのは具体的には

  • あまりイライラしなくなった
  • 創作活動が捗るようになった
  • スマホ・PCを見ている時間が減った

という感じです。こうサラッと書くと大したことなさそうに見えますが、私にとってはかなり大きな良い変化だったのでそれぞれ詳しく書いておきますね。

あまりイライラしなくなった

まず一つ目にして最大の変化はイライラしなくなったことです。

やはりTwitterをやっているとどうしても他人と自分を比較してしまいストレスの原因になっていたのですが、Twitterをやめたらそういうこともほぼなくなったので毎日スッキリとニート生活を送れるようになりました(※いや働けよ!という突っ込みはナシでお願いします)。

創作活動が捗るようになった

次に二つ目は創作活動が捗るようになったことです。

Twitterにのめり込んでいた時は頻繁にTwitterをチェックしないと落ち着かず、創作活動に集中できませんでした。しかし今はもうチェックする必要もないので大好きな創作にずっと没頭していられます。

また、以前は作品の進捗状況をTwitterに上げて他人の反応を伺ったりしていたのですが、現在はそのようなこともないので自分が作りたい作品を作れるようになったというのも大きいですね。

スマホ・PCを見ている時間が減った

三つ目はスマホやPCを見ている時間が減ったことです。

Twitterをやめる前と比較すると、今はスマホやPCの使用時間が2時間くらい減りました。私は元々目が悪いのでこの点は目にも嬉しい変化です。

ちなみに計算上は今まで2000時間くらい無駄にしていたことになるので後悔しかありませんが、逆に言えば以前のままTwitterを使い続けていたらそれ以上に時間を無駄にしていた可能性もあるわけでゾッとしますね。本当にやめて良かったです。

コミュ障がSNSをやらないほうがいい理由

さて上記の内容を踏まえて私のようなコミュ障がTwitter等のSNSをやらないほうがいい理由をまとめておこうと思います。もちろん主な理由は次の2つに尽きます。

  1. ストレスが溜まるだけだから
  2. 時間の無駄だから

ストレスが溜まるだけだから

まず一つ目の理由は、コミュ障がSNSを使うとストレスが溜まるだけだからです。

SNSは他人と適切にコミュニケーションをとれる人であれば十分使いこなせるかもしれませんが、コミュ障が使うと

  • 相手の言動にいちいちイライラする
  • 意図が相手に上手く伝わらずトラブルになる

といったことになりやすくストレスの原因になってしまいます。

この点に関しては「使い方次第でなんとかなるのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそもSNSはコミュ障用に作られていないし・コミュ障の人はSNSの使い方も下手なのでどうしようもないんですよね。なのでコミュ障の人はSNSをやらないほうがいいというのが正直な結論です。

時間の無駄だから

二つ目の理由はコミュ障がSNSを使うと時間の無駄になってしまうからです。

SNSはコミュ障が使うと流れてくる大量の情報を眺めるだけになってしまい、膨大なゴミ情報の中から有用な情報を探すだけでも時間がかかりますし、SNSは中毒性もあるので沼にハマるとどんどん時間が解けていきます。そしてコミュ障の場合はかけた時間の割にSNSから得られるものはほとんどないのでまさに時間の無駄になってしまいます。

このことを考えると、SNSに時間を割くくらいなら趣味に没頭したほうが楽しいのでやっぱりコミュ障はSNSなんてやらないほうが人生充実しますね。

おわりに

以上、私がTwitterをやめた理由・やめて良かった点についてお話ししました。

もちろんTwitter等のSNSは使いこなせれば人生が楽しくなるツールだとは思いますが、やはりコミュ障だとSNSを使いこなせずデメリットばかりが付きまとうようになるのでコミュ障が手を出していい代物ではないと思います。コミュ障はSNSで承認欲求を満たすのではなく、良い意味で自己満足して我が道を行くような生き方のほうが幸せになれるんじゃないかな…と私は思います。

今回は以上です。