就職したいニートがサポステに行っても無駄。結局ハロワに行けと言われるだけ

ニートの話 ニート・ひきこもりの話

今回は「サポステに行ってみたけど時間の無駄だった」という話です。

長年精神障害ニートをやっていると役所や無能相談員から支援機関を紹介されることがあり、最近「若者サポートステーション(サポステ)」という支援機関(※詳細は後述)を紹介されました。

それで、別に私は会社で働きたくないのでお世話になるつもりはなかったのですが、それでも

  • 何かしら得られるものがあるかもしれない
  • 何もしないと親もうるさいし、多少はガス抜きになるだろう

と思って渋々通うことにしてみたんですよ。

しかし蓋を開けてみれば、何回か通っても何も得られるものが無かったというのが正直な感想です。一体何のためにあるの??って感じ。

そこで今回は「サポステが無意味だと感じた理由」について書きますね。

スポンサーリンク

サポステとは?

まず、そもそも「サポステって何?」という部分を簡潔に説明します。サポステ(=地域若者サポートステーション)とは、一言でいうと「ニート・引きこもり向けの就職相談窓口」です。

利用できるのは15歳~39歳の無職なので、まあおおよそニートに該当する年齢層が対象というわけですね。全国で160か所くらいあるらしく、だいたい地方都市に1つはあるようです。

サポステが無意味だと感じた理由

ではここからが本題ですが、私が何回かサポステに通う中で「サポステは無意味・役に立たない」と感じた理由を説明していきますね。主な理由は次の2つです。

  1. カウンセラーが雑談しかしないから
  2. ハローワークに行けとしか言わないから

カウンセラーが雑談しかしないから

まず一つ目は「サポステのカウンセラーは雑談しかしないから」です。私が通っているサポステの相談時間はたっぷり1時間もあるのですが、そのうちのほとんどが雑談ばかりで一向に本題(就職に関する相談)に入りません。気候がどうの、住んでいる場所がどうの、趣味がどうのという話ばかりで呆れます。

いや、こっちは雑談しに来てるんじゃねーんだよ…って感じなので、私も一応「最近は就職に向けてこういう風に動いているんですが…」と切り出すんですけど、そんなことは歯牙にもかけずに相変わらず雑談ネタばかりを振ってくるあたり本当に役に立たない。こうなってくると「私はトークスキルを磨きに来ているのか??」と何だか不思議な気分になってきます。

ハローワークに行けとしか言わないから

次に二つ目は「サポステはハローワークに行けとしか言わないから」です。

先ほどカウンセラーが雑談しかしないと書きましたが、一応就職に関してのアドバイスも全くしないわけではありません。ただし、そのアドバイス内容は「ハロワに行け」の一言だけです。カウンセラー曰く、

  • ハローワークに定期的に通って求人をチェックしておけ
  • 良い求人があったら応募しろ

だそうですよ。…これアドバイスのつもりなのかな??

全くあきれるばかりですが、どうやらこういうアドバイスしかできないのには理由があるらしく

  • サポステには仕事を斡旋する権限がない
  • 厚生労働省から委託を受けているので、下手に民間のサービスを紹介できない

ということのようです。つまり、仮にサポステ自体が超有能でどんなに頑張って支援しても、最終的にはハロワを通して就職させる必要があるんですよ。これってなんか変じゃね?

だったらサポステじゃなくてハロワに金かけて全部ハロワでサポートすればいいじゃん…。役人の考えることはよく分かりませんね。

おわりに:雑談したいならサポステに行けばいいよ

というわけで、以上簡単ではありますが「就職したいならサポステに行っても無意味」ということを書いてきました。

結局何回か通っても就職に繋がらない・ハロワに行けと言われるだけなので、それなら最初からハロワに行った方がまだマシだと感じました。本気で就職したいなら時間の無駄なので行かない方がいいでしょう。多分期待外れに終わるはずです。

ただまあ、そうは言っても雑談はしてくれるので、引きこもりが雑談の練習をしに行くならいいかも?とは思います。引きこもって喋り方を忘れてしまっている方にはちょうどいいかもしれません。モノは使いようということで…。

今回は以上です。