楽しいニート生活を送るための鉄則

楽しいニート生活を送るための鉄則 ニート・ひきこもりの話

先日は自分が精神障害ニートという立場であることについて思わず「辛い」とこぼしてしまいましたが、そうはいっても私にはニートの才能があるためか、ニート生活自体は楽しいことも多いです。

しかしネットを見ていると「ニート生活はつまらない」「ニートは辛い」といった感想がかなり多く、私のように楽しいニート生活を送れている人ばかりではないということが見てとれます。

そこで今回は「ニート生活がつまらない」というニートの方向けに、私が普段のニート生活で心がけている「楽しいニート生活を送るための鉄則」を3つ伝授いたします。

スポンサーリンク

楽しいニート生活を送るための鉄則3か条

さっそくですが、楽しいニート生活を送るために最低限守るべきことは次の3つです。

  1. 酒やギャンブルには絶対手を出すな
  2. クリエイティブなことをコツコツ続けろ
  3. 親とは仲良くしろ

では一つずつ詳しく見ていきましょう。

酒やギャンブルには絶対手を出すな

まずは酒やギャンブルといった

  • 依存性が高く
  • お金がかかる

ことには絶対に手を出してはいけません(ソシャゲのガチャとかも同様です)。

理由はお察しの通りで、ニートにとって何より貴重なお金を浪費してしまうばかりでなく、ニートの強みである自由時間も無駄にする危険性が非常に高いからです。一度依存症になると抜け出すのは困難、どんどん奈落に転げ落ちることになるのでこういったことに手を出すのは絶対にやめましょう。

また、昼間から酒を飲んだりパチ屋に入り浸ったりしていると、養ってもらっている親にも悪い印象を与えてしまいトラブルになりかねません。そういう意味でも酒やギャンブルには手を出すべきではありません。

クリエイティブなことをコツコツ続けろ

さて次は、何でもいいからクリエイティブなことをコツコツ続けるのがニート生活を楽しむコツです。ニートならいつまでもマンガ・アニメ・ゲームを消費する側にいてはダメです。そういうのを作る側に回りましょう。

というのは、私は日ごろプログラミング・ゲーム制作・イラスト制作などをやっていて一日が24時間であることが惜しいくらい忙しく、そのおかげで「ニート生活がつまらない」などと思ったことは一度もないからです。

好きな創作活動に没頭できるなんてニートの特権みたいなもので、その点だけはニートでよかったと思えますね。自由時間がたっぷりあるのに創作活動をしないなんて本当にもったいないですよ。

ちなみに創作活動の良いところは以前の記事「全ニートに告ぐ。最強の暇つぶしは「創作活動」だ!」でも書きましたが、なんといってもクリエイティブなことは無限に暇をつぶせるし、それほどお金もかからないしでニートにはもってこいです。さらに実力をつければお金を稼ぐのも夢ではありません。なので全てのニートは創作活動をやるべきだと私は思います。

親とは仲良くしろ

最後は親と仲良くするのがニート生活ではとても重要です。なんたって親と仲が悪いと居心地が悪いですし、最悪追い出されてしまいますから。

…まあ、もちろんニートをやっている時点であまり良い印象を持たれるわけがないので、少なくともさらに印象を悪化させないようにするのが大切です。

親と良好な関係を維持するためには最低限次のことくらいはやりましょう。

  1. 毎日きちんと顔を合わせて話をする
  2. 自分の身の回りのことを自分でやるのはもちろん、ほかにも家事を手伝う

この2つをきちんとやるだけでもだいぶ違うと思います。

なお人によっては「親が嫌いだからそんなことはやりたくない」という方もいると思いますが、ニートをやっている以上は親の世話になっているわけで、最低限の手伝いをするくらいの義務はあるかと思います。どうしても嫌いなら自立しろ、という話になってくると思うので、手痛いカウンターを食らわないようにやることをやっておくのが無難でしょう。

おわりに:ポイントを押さえて楽しいニート生活を送ろう

以上、簡単ではありますが「ニート生活を楽しくするための鉄則」について書きました。

確かにニート生活はつまらない・辛い部分もあるかと思いますが、なにしろ時間がたっぷりあるので、心がけ次第では有意義に過ごすこともできるはずだと私は思います。ぜひ時間を無駄にせず・有効活用して楽しいニート生活になるように工夫してみてください。

今回は以上!