ニートだけど年金払っといて良かった、という話

ニートのお金の話 ニート・ひきこもりの話

先日、「金融庁が年金給付水準の維持は困難と明言」したというニュースを目にしました。これを見るとほんと頭にくる内容で、「詐欺じゃん」「じゃあ年金払わせんな!」という意見ももっともです。

ただしあくまで個人的な意見ですが、こういうニュースに踊らされて「もう年金なんか払うもんか」となるのは早計だと思います。なぜならほとんどの人は「年金=老後にもらえるもの」だと勘違いしているからです。

スポンサーリンク

若くてももらえる年金がある

実は年金は若くてももらえる場合があります。現に、私は20代ですがすでに年金をもらっています

一体どういうことか?その答えは「障害年金」です。

障害者になったときにもらえる(かもしれない)「障害年金」

障害年金は文字通り障害者に支給される年金のことです。こう書くとわかると思いますが私は障害者なんですよ。これのせいで仕方なくニートやってるわけだし、別に隠すつもりもないので言っちゃいますけどね(※働けない障害者をニートと呼ぶのかはまた別の話…)。

一体いくらもらえるのか?

さて、それでどれくらいのお金をもらえるのかという話ですが…障害年金でもらえる金額は障害の重さによって違います(等級で分けられる)。私の場合は一番等級が低いので月5万円程度で、当然これだけでは生活できませんが、ないよりは遥かにマシです。ずいぶん助かっています。

あ、ちなみに誤解がないように書いておきますが、障害年金は障害者だからといって必ずしももらえるとは限りません。受給にあたっては面倒な手続きや厳しい審査があり、障害の種類や重さによってはなかなか通らないという話も聞きます(※障碍者手帳の申請とは別物でそれより厳しいです)。申請にも特別な診断書が必要でそれが結構高額なので注意してください。申請について詳しくはググってもらったほうが早いと思います。

年金は困ったときのセーフティネットになる

障害年金の紹介が済んだところで、結局何が言いたいのかというと「年金は困ったとき(=障害者になったとき)のセーフティネットにもなる」ということです。これを知らない人ってやっぱり多いと思うんですよ。

おそらく、ネットで年金は詐欺だ!詐欺だ!と騒いでいる人はそういうことは知らないんでしょうね。別にそういう人は年金を払わなくてもいいと思いますが、結局困ったときに損するわけで「まあ自己責任だよね」という話になるだけです。

ま、他人のことはどうでもいいとして、私はすでに年金を払った分が戻ってきているので「真面目に年金払っといて良かった」と思っています。

もちろん考え方は人それぞれだと思いますが、怒りをあおるような情報に安易に流されずに冷静に考えるというのは重要だと思います。