他人を妬んでしまうニートへ。嫉妬心とうまく付き合おう

ニートの話 ニート・ひきこもりの話

こんにちは、嫉妬深いニートです。今回は

  • ニートを続けていると他人を嫉妬しやすくなるよね
  • でもそれだと良いことないから、嫉妬心を上手くコントロールできるようにしよう

という話です。

この記事では私の経験談(悩み)を交えつつ、どうやったら嫉妬心と上手く付き合えるのかを考えていきますね。

スポンサーリンク

嫉妬心に振り回され続ける私

では、まずは僭越ながら個人的な悩みを打ち明けようと思います。どういう悩みかというと、端的に言えば昔から嫉妬心に振り回され続けているということです。例えば最近だと創作活動で他人を妬んでしまうことに悩んでいます。

私は3年くらいニート生活を続ける中で、プログラミング・ゲーム制作・イラストなどのクリエイティブな活動を続けているのですが、どれも下手くそで全く評価されません。まあ惨めなものです。

その一方で、ネットを眺めていると各界隈で活躍して輝いている人たちが嫌でも目に入ります。そういう人たちを見るたびに「すごいな」と思う反面、反射的に

  • こいつの作品の何が良いんだよ
  • こんな奴ばっかりいい思いしやがって
  • 人気者はいいねぇ、チヤホヤされて金にも困らないんだから

などと思ってしまう自分がいて我ながら辟易してしまうことがあります。もちろん頭では「こういう考えではダメだ」とは思うのですが、本当に反射的に出てきてしまうので手に負えません。

それでつい最近、いよいよ他人を攻撃しかねないほど嫉妬に狂うようになったので、さすがにマズいと感じて対策を考えようと思った…というわけです。

嫉妬することのデメリット

さて、そのような悩みを抱える中で、私自身「嫉妬することのデメリット」を痛いほど感じています(まあ、分かってるけどやめられないのが怖いところですが)。一体どんなデメリットがあるのかというと主なものは次の通りです。

  1. ストレスが溜まる
  2. 疲れやすくなる
  3. 何も悪くない人を叩きたくなってしまう

デメリット1:ストレスが溜まる

まず、最初のデメリットはとにかくストレスが溜まることです。

上の方で挙げたように、嫉妬していると「なんでアイツばっかりいい思いしてるんだよ!」という思考回路になるのですが、こうなると本当にイライラして苦しいです。

しかし苦しいけど嫉妬はなかなかやめられません。なぜか?例えば妬んでいる人がネガティブな発言などをするのを見ると「ピエーッ!!ざまぁ!!」という感じですごい爽快感があるからなんですよ。他人の不幸は蜜の味とはよく言ったもので、その瞬間だけ心の靄が晴れるような感じになるわけです。

ただしその爽快感は決して長くは続かないので、結局またイライラすることになります。そのイライラと快感の繰り返しが癖になってしまうのでやめられないんですね。その辺は依存症と同じ理屈だと思います。まったく恐ろしいことです。

デメリット2:疲れやすくなる

次に二つ目のデメリットは疲れやすくなることです。

嫉妬心を燃え上がらせている状態では嫉妬すること自体にエネルギーを使ってしまうので、冷静さを取り戻した後は何だかグッタリしてしまいます。

するとどうなるのかというと、結局肝心の「自分磨き」に使えるエネルギーがなくなってしまい現状が良くならない→さらに嫉妬する、というような悪循環に陥ってしまうのです。

デメリット3:何も悪くない人を叩きたくなってしまう

最後に、三つ目のデメリットは何も悪くない人を叩きたくなってしまうことです。

嫉妬によるストレスが限界を突破すると、どうしても「あいつを引きずり落して不幸にしてやりたい」というドス黒い欲望が膨らんできます。そしてその欲望が一線を越えた時に悲劇は起こります。嫉妬した相手…ではなく、自分がますます不幸になるのです。

どういうことか?嫉妬されている相手は何も悪くないわけですから、仮にそういう人を叩いたら袋叩きに遭うのは嫉妬した自分のほうなんですよ。こんなの当たり前の話ですけど、嫉妬に狂っている状態だと周りが見えていないのでそういう愚かな行為に走りかねないのです。

そして悪いことに、仮に手痛い反撃を食らっても嫉妬している本人は全く反省しないばかりか、まるで自分が被害者のようなそぶりさえ見せます。なぜならその人の中では、あくまでも相手が悪いということになっているからです。自分が勝手に何の罪もない人を恨んで攻撃したから反撃を食らったのに、それが分からないので

  • なんで皆アイツの味方をするんだ
  • やっぱりアイツばかり良い思いをしているじゃないか!

というような思考になるのです。つまりますます憎悪を募らせるだけ、という悲しい事態になってしまいがちです。

なぜニートは嫉妬しやすいのか?

では、なぜニートになると他人に嫉妬しやすくなってしまうのでしょうか?

結論から言うと、その理由はズバリ「人生がつまらないと感じているから」だと思います。というのも、ニートをやっているとどうしても

  • お金がない
  • 暇ばかりあってもやることがない

という感じになってしまいがちだからです。なので人生がつまらないと思っているニートの方は非常に多いのではないでしょうか。

その一方でネットやSNS等を見ると、いかにも楽しそうな投稿が多いので他人が輝いているように見えてきます。

そしてこのような状況になると人間どうなるか?どうしても自分の悪い状況と他人の良い状況とを比較してしまい

  • みんな幸せそうなのに、自分だけが不幸だ
  • そんなのはおかしい…他の奴が憎い!

という思考になってしまうんですよね。

まとめると

  1. 充実した人生を送れないと他人に嫉妬しやすくなる
  2. ニートは「人生つまらない」と思いやすい
  3. つまりニートは嫉妬しやすい

という風になっているというわけです。

どうやったら嫉妬心をコントロールできるのか?

最後に、今書いたことを踏まえて「どうやったら嫉妬心をコントロールできるのか?」という点を考えてみましょうか。

まず、ニートが嫉妬しやすい原因は主に次の2つ

  1. 人生がつまらないから
  2. 自分をネットやSNS上の他人と比較してしまうから

だと思います。そこで逆に考えると、嫉妬心を上手くコントロールするためのポイントは次の2つだといえます。

  1. 人生を充実させる
  2. 自分をネットやSNS上の他人と比較しないようにする

対策1:人生を充実させる

まず一つ目は、何よりも人生を充実させるということです。こう書くと

  • ニートが人生を充実させる?そんな無茶な…
  • ニートでも人生が充実するなら苦労しないよ

と思うかもしれませんが、(超充実させるのは無理だとしても)「少しでも充実させる」程度なら不可能ではありません。

ではどうやったら人生が充実するのか?これに関しては

  1. 楽しいと思える仕事を見つけられれば最高(※これが一番)
  2. ただしそれができれば苦労しないと思うので、無理なら何か熱中できる趣味を持つ

のが良いでしょう。趣味の場合は、欲を言えば何かを生み出す趣味(例えば創作活動)だと更に良いと思います。

ただ、そう言われても趣味選びで困ってしまう…という方は、以前の記事「ニートにおすすめ!暇つぶしになる無料の趣味6個」をご覧いただければ参考になると思います。また、このブログではたびたび創作活動をお勧めしているので、興味のある方は以前の記事「全ニートに告ぐ。最強の暇つぶしは「創作活動」だ!」もご覧ください。

対策2:自分をネットやSNS上の他人と比較しない

次に二つ目は、自分をネット・SNS上の他人と比較しないということです。

とても基本的なことを書くようで恐縮ですが、ネットは「すごい人」が目につきやすい仕組みになっている点に注意しなければなりません。ニートがそんな「すごい人」と張り合ったところで勝負になるわけがないので、そもそもネット上の他人と比較すること自体が間違っているというわけです。

あと、ネット・SNSにはリア充っぽい投稿があふれかえっていますけど、そういう投稿に限って単に見栄を張っているだけのものが多いので惑わされるだけ損というものです。なのでそういった情報については真に受けるのではなく、鼻でもほじりながら「あー、こいつイキッてるな」と話半分で眺めるのが正しい使い方だと思いますね。

おわりに:人を妬むのはデメリットしかない

以上、嫉妬することのデメリットや、ニートが嫉妬しやすい理由とその対策について書いてきました。

まあニートをやっていると色々鬱憤が溜まってくるので、楽しそうにしている人を憎んでしまうのは仕方ないと私は思います。

しかし、そうは言っても他人に嫉妬することにはデメリットしかないので、早めにそのことに気づいて対処したほうが自分自身幸せになれるのではないかと思います。欲を言えば、他人の成功を一緒に喜べるようなニートになりたいものですね。

今回は以上です。