なぜ「ニート叩き」をする人が多いのか?

一般人がニートを叩く理由 素朴な疑問・考察

ネットでニートについて調べていると、まとめ記事のコメント欄などに

  • 働かないニートはクズ
  • ニートはゴミ以下の価値しかないから死んでほしい

といった辛辣な書き込みがあるのが目につきます。こうした「ニート叩き」を見るにニートへの風当たりは強いなぁということを実感するわけですが、それにしてもなぜニートを叩く人はそんなに多いのでしょうか。

今回はニートでない「普通の人」がニート叩きをしたくなる理由について考えます。

スポンサーリンク

「普通の人」がニート叩きをしたくなる理由

では早速ですが、なぜ一般人がニートを批判したり叩いたりしたくなるのかを考えてみましょう。個人的には大きく分けて次の3つの理由が挙げられると思います。

  1. ニートは苦労していなさそうでムカつくから
  2. 働いていないニートを見下して優越感に浸りたいから
  3. ニートに対して嫌悪感があるから

ニートは苦労していなさそうでムカつくから

まず一つ目の理由は、普通の人からしたら「ニート=苦労していなさそう」というイメージが強くてムカつくからです。

おそらく普通の人からしたら「自分は汗水垂らして苦労して働いているのに、ニートは働きもせず楽な暮らしをしている…ふざけるな!」という気持ちがあるのでしょう。こうした怒りの感情がニート叩きにつながってくるのは言うまでもありません。

働いていないニートを見下して優越感に浸りたいから

次に二つ目の理由は、働いていないニートを見下して優越感に浸りたいからです。

勤労を美徳とする日本では「働いていない=悪」という風潮が非常に強いので、自分が働いていればニートを見下す正当な理由になりえます。つまり一般人から見たら「ニート=安心して殴れるサンドバッグ」として映るわけで、ぶっ叩いて優越感に浸り・ストレスを発散するにはもってこいなのです。

ニートに対して嫌悪感があるから

最後に、3つ目は一般人はニートに対して嫌悪感があるので排除したいと思うからです。

先ほど述べたように日本では「ニート=悪」という考えが強いため、普通の人なら「ニートにはなりたくない」と思っているでしょうし、働きも勉強もしないニートに対して「気持ち悪い」と思う人も多いでしょう。

そういった中でニートが現れればぶっ叩いて排除したくなるのは当然と言えば当然だと思います。

ニートを叩いても虚しいだけ

それにしても世の中には進んでニートを叩きたがる人がいるようですが、そういうのって虚しくならないんですかね?だって「金や権力がある悪人」を叩くならまだしも、「金も権力もないニート」なんか叩いても何も面白くないじゃないですか。RPGでいうと自分よりもずっと弱いザコ倒して何が楽しいの?って話ですよ。

…まあ世の中には弱者を叩いて憂さ晴らしをしたい、なんていう性根の腐っている輩もたくさんいるだろうし、主にニート叩きをしている連中はだいたいそういうタイプなのかなとは思います。こういうレベルになるともうどうしようもないので、せいぜい気が済むまで好きに叩いてくださいというほかありません。

ニートならニート叩きは無視すべき

さて、ここまで一般人がニート叩きをしたくなる理由について考えてきました。私は一般人ではないので上記の理由はあくまでも推測ですが、もしそういった理由があるなら進んでニートを叩きたくなる人がいるのも納得できる気がします。まあそれが分かったところで全然嬉しくないけどね。

…それでニートは叩かれっぱなしでいいのか?という話ですけど、個人的にはくだらないニート叩きは無視すべきだと思います。なぜならニート叩きが横行するのは、叩かれたことに腹を立てていちいち反応するニートがいるからだと思うんですよ。黙ってスルーすればそれで済むのに、反論するからかえって火に油を注ぐことになる。まったくバカバカしい…。

ニートたるもの、スルースキルを磨いてニート叩きを真に受けないようにしたいものです。今回は以上!