ニートも体が資本。健康には気をつけろ!

ニートこそ健康に気をつけろ ニート・ひきこもりの話

ニートをやっていると不安になってくるのが自分の健康についてです。なんせ一日中座りっぱなしだし、目は使うし、コミュニケーションはあまりとらないし…。こんな生活を続けていたらいずれダメになるな、とニート1ヶ月目のときに早々悟りました(まあニートやってる時点でダメなんだけど)。

それからというもの、私は多少ではありますが健康に気を遣うようにしています。それで「ニートだからこそ健康に気を使うのは大切だな」と最近改めて思ったので、今回はニートが抱えやすい健康上のリスクや、それを防ぐためにやるべきことについて書きます。

スポンサーリンク

ニートは不健康になりやすい

既にニートな同志たちは身をもって体感していると思いますが…まず、ニートになるとほとんどの人は

  • 一日中座りっぱなし・寝てばかりで運動しない
  • ネット・ゲーム・アニメなどで目を酷使する
  • 食事をインスタント食品で済ませてしまう
  • 昼夜逆転
  • 体を不潔にしがち
  • 受け身な趣味ばかりで頭を使わない
  • 誰とも話さない

というような見るからに不健康な生活を送るようになります。そしてこのようなニート特有のライフスタイルを続けていると、次のような健康上のリスクが生じることになってしまいます。

ニートが抱えがちな健康上のリスク

  • 体力の低下
  • 視力低下
  • 栄養バランスの偏り
  • 生活リズムの乱れ
  • 虫歯
  • 思考力・記憶力低下
  • コミュニケーション能力低下

体力低下

ニートをやっていて一番痛感するのは筋力や体力の衰えです。座ってばかり・寝てばかりで体を動かさないので当然ですが体は鈍るし太ります(私もニートになってから5キロ以上太りました)。そして体力が低下&太るとますます体を動かすのが億劫になるので悪循環に陥る一方。

若いうちはまだいいかもしれませんが、そのまま歳を重ねると生活習慣病まっしぐらです。

視力低下

目を酷使すると当然ですが視力が低下します。そして何よりウザいのが視力低下に伴って出現する「飛蚊症」です。

飛蚊症というのは目の中のゼリー状の部分が濁ることにより、視界にゴミみたいなものがフワフワ浮いて見える目の老化現象です。本来であれば50代くらいから出現するものですが、私のように特に目を酷使する人の場合は20代でも出現します(近眼の人に多いです)。これといった治療法もないので、ウザいけど我慢するしかありません。

また、飛蚊症が現れるような人は網膜剥離など失明する危険のある病気にもなりやすいので注意が必要です。

栄養バランスの偏り

面倒くさがりなニートの同志は食事をインスタント食品に頼りがちだと思います。しかしインスタント食品は炭水化物・脂質・塩分ばかりが多いため、そういったものばかり食べていると太りやすかったり高血圧になりやすかったりします。またビタミンやミネラルが不足することによりその他様々な不調が現れます。

生活リズムの乱れ

極端な夜更かしや昼夜逆転などで生活リズムが乱れると、睡眠の質が低下して一日中頭がボーっとしたり、自律神経が乱れて慢性的に体調が悪くなったりする原因になります。

虫歯

面倒くさがって歯を磨かず、口内を不潔にするニートは虫歯になる危険が高くなります。そのまま虫歯を放置すると単に痛むでなく、体調にも悪影響を及ぼすので注意が必要です。

思考力・記憶力低下

ニート生活は単調で刺激が少なく、さらに自発的にものを考える機会が少なくなるので思考力や記憶力が低下しやすくなります。これにより考えを上手くまとめられなかったり、アウトプットできなくなったりすると日常生活はもちろん就職活動にも悪影響が出ることでしょう。

コミュニケーション能力低下

ニート生活は人との関わりが希薄になりがちで、社会人と比べると必然的に他人とコミュニケーションをとる機会が少なくなります。さらにニートになってしまうような人は元々コミュニケーションが苦手という人も多いので、ニート生活が続けば続くほどコミュニケーション能力は低下する一方です。

ネットでは「誰とも話さないから声の出し方を忘れてしまった」などという嘘のような書き込みをたまに見かけますが、引きこもりニートの人なら全くありえない話ではないのであながち嘘とも言い切れません。

病気になれば苦しいし金もかかる

このようなリスクを放置した結果、もし病気になってしまったら…苦しむことになるしお金もかかるというのは容易に想像できるかと思います。リスクを抱えやすいニートだからこそ健康には気を付けるべきです。

ただまあ、頭ではわかっていても何も対策しないのがニートの特徴なのですが…。早いうちになんとかしないと取り返しのつかないことになりかねない、ということは重々承知しておいた方がいいでしょう。

ニートが健康を維持するためにすべきこと

ではリスクが分かったところで、それらを防ぐためには具体的にどうすればいいのかを確認してみましょう。

健康維持のためにこれだけはやっておけ!

ニートが健康を維持するためにやるべきことはそれほど多くありません。まあ、それでも面倒くさく感じるとは思いますが…最低限、以下のことをどれか一つでもいいので毎日続けられるように心がけてみてください(以下は私がいつもやっていることです)。

  • 散歩と筋トレ
  • たまに目を休める
  • 肉と野菜をバランスよく食べる
  • 決まった時間に起きて朝日を浴びる
  • 歯磨き
  • 創作活動もしくは資格の勉強
  • 家族と話す

散歩と筋トレ

ニートが健康を維持するためには体を動かすのが最も重要です。一日に少しの時間で良いので散歩と筋トレを行いましょう。時間の目安としては最低でも一日に散歩10分、筋トレ5分くらいがいいと思います。もっとも、無理をする必要はないのでとにかく毎日続けるのが重要です。

ちなみに筋トレと言ってもダンベルを使うなどハードなことをする必要はありません。

  • 腕立て伏せ
  • 腹筋
  • スクワット

など自重で出来るトレーニングで十分です。ケガなどを防ぐために必ず正しいやり方をググって覚えましょう。そして回数ですが「10回で限界」になるようにゆっくりと行うのが重要です。それを1セットとして3セットくらいやるようにしてください。

体を動かすことができればグッと健康的になります。

たまに目を休める

視力の低下を防ぐためには時々目を休めるのが重要です。たまに遠くの景色を見たり、ホットアイマスク(あずきのチカラなど)を使ったりして目の疲れを癒しましょう。

あと画面の明るさや部屋の照明の明るさ、画面との距離なども重要なので適宜調整するようにしてください。

肉と野菜をバランスよく食べる

食事ではインスタント食品をなるべく避け、肉と野菜を半々くらいの割合で食べるようにしてください。実家暮らしのニートの人の場合、文句を言わずにカーチャンの手料理を食べるのが一番です。

一人暮らしで自炊できないニートの人はインスタント食品を断つのは難しいと思うのですが、その場合はサラダや果物などを一品追加するだけでもだいぶ違うと思います。

いずれにしても食事は未来の自分の体を作るものなので、「食えればいい」などと軽視せずによく考えて食べたほうが身のためです。

決まった時間に起きて朝日を浴びる

朝は決まった時間に起床し、日光を浴びる癖をつけてください。こうすることで体内時計が正常な状態に保たれて睡眠の質が良くなります。

歯磨き

一日3回が理想ですが、無理なら夕食後だけは絶対に歯を磨いてください。理由は夜寝ている間は唾液の分泌が少なくなり最も雑菌が繁殖するからです。あとは磨くときは力任せにゴシゴシ磨くのではなく、軽い力で歯ブラシを小刻みに動かすのがコツです。

創作活動もしくは資格の勉強

小説やイラストなど、創作活動はアウトプットが多い趣味なので思考力の低下を防ぐことができます(※先日の記事「全ニートに告ぐ。最強の暇つぶしは『創作活動』だ!」もご覧ください)。または資格の勉強をするのもいいでしょう。とにかくインプットだけでなくアウトプットできる趣味を見つけてコツコツと続けるようにしてください。

家族と話す

コミュニケーション能力を低下させないためには誰かと話すのが一番です。家族と仲が悪くなければ毎日顔を合わせて話すようにしましょう。

一人暮らしの場合や家族と険悪な場合は…効果は確実に落ちますが、ネットの掲示板に書き込むとかでも何もしないよりはマシだと思います。

以上が私が健康のために普段から心がけていることです。繰り返しになりますが、上記のうち一つでもいいので毎日続けることが健康につながると思います。

ニートだからこそ健康維持が大切

というわけで、今回は「不健康になりがちなニートだからこそ健康維持が大切」という話をしました。健康に気を遣うのは確かに面倒ですが、将来悲惨なことになるのを防げると思えば安いものです。健康を維持して楽しいニート生活を送れるようにしたいものですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。